一般社団法人 応用日本語教育協会(Applied Japanese Language Education Association)

STBJ
> トップページ > STBJとは

STBJとは

STBJとは、「標準ビジネス日本語テスト(Standard Test for Business Japanese)」の略称です。

 

STBJの目的

「標準ビジネス日本語テスト」(以下、STBJ)は、日本企業の外国人従業員や日本企業への就職を希望する外国人日本語学習者を対象とした「日本語を使って仕事をする総合的な日本語能力」の測定を目的としています。テストの内容も仕事の現場で必要とされる語彙、表現、運用能力が対象になっています。

従来から行われている日本語能力テストは、ほとんどが「大学進学を目標とする外国人」の能力測定で、テストの内容も「進学のためのテストに合格する能力」や「大学において日本語の講義が理解され、テキストが読め、リポートが書ける能力」の測定に重点が置かれていましたので、高い得点を得て、合格するためには、「文法の正確な知識」や「広範囲な語彙能力」など「アカデミックな日本語知識」が必要でした。

日本語教育機関も大多数の学習者がそのような試験の合格を目的としているために、「受験対策」の学習が中心になり、「文法」や「語彙」の知識の詰め込み教育が行われてきました。その結果、これらのテストで好成績を収めた学習者も「実践的なビジネス活動の能力」に欠ける例が多く見られます。

「標準ビジネス日本語テスト(STBJ)」では、「仕事における日本語能力」について、言語能力のみではなく、日本の企業分野やビジネス事情についての知識や実践能力、特に「場面にふさわしい敬意表現の運用能力」の測定も重視していますので、「ビジネス現場での実践的コミュニケーション能力」が判定できると考えます。

 

STBJテストの特長

STBJは、受験者の日本語の言語運用能力とともに、日本企業での業務活動に必要な日本の企業文化に関する知識についても測定し、「実践的な企業内活動能力」のレベルを判定しますので、企業における「日本語使用人材」採用の参考資料としても役立つように構成されております。

このテストは、日本語能力試験ともレベル相関があり、設定しているレベルBJ1からBJ5が日本語能力試験のN1からN5にほぼ重なっております。実践的ビジネス日本語能力の測定と共に、来日する留学生の日本語能力水準を測るものとしても機能するもので、学生募集の際の選考資料として御活用いただけます。

 

対象

STBJによる能力測定の対象者としては、日本企業の外国人従業員や日本企業への就職を希望する外国人日本語学習者を受験対象としています。
具体的には、以下の人たちを想定しています。  

 

実施体制

STBJは、一般社団法人応用日本語教育協会におけるSTBJテスト問題委員会によってテストの開発・制作が行われています。

 

活用状況

STBJは、受験者の日本語の言語運用能力だけでなく、日本企業での業務活動に必要な日本の企業文化に関する知識についても測定していますので、今後ますます、日本企業の外国人従業員の採用基準・人事評価基準や、日本企業への就職を希望する外国人日本語学習者のビジネス日本語教育の一環として今後活用されていくことを期待しています。

>>STBJパンフレット(PDF)ダウンロード

 

Index

LINKS
お問合せ
プライバシーポリシー
サイトマップ